経営代行サービスについてのサイト

>

気になる相場

代行会社の料金設定

代行会社によってサービス内容に差がありますから、もちろん料金設定にも差があります。
ですので、一概には言えませんがおおよそ賃料の5パーセントから7パーセントとなります。
具体的な例としましては十万の賃料であれば税抜きで5000から7000円になります。

会社によっては、そこにさらに別途の管理費用の契約を迫る場合もあります。

もちろん、費用の合計とサービス内容が釣り合っているなら問題ありません。
しかし、納得いかないような価格設定ならあまり信用しない方がいいでしょう。

また、提示される金額より多くなる可能性もありますので、慎重に吟味してください。
後からプランの追加などを要求され、当初の予定より大幅に支払額が大きくなってしまったということもよくある話です。
その後楽に経営していくためにも、最初だけでもきちんと下調べを行いましょう。

見直しが必要なケース

便利な代行業者ですが、その内容故に先程もお話ししたような慎重さを求められます。

代行内容もそうですが、業務実績や歴史をしっかり調べておきましょう。
高い業務実績があるのならば多少高くても納得できることが多いです。
しかし、価格が微妙に高いにも関わらず業績不足であったりサービスに関してぼやかすような表現が使われている場合は要注意です。

また、代行会社によっては最初に提示してくる金額が低いものもあります。
ですが、それは元々サービスの内容が不十分であったり後から保障やプランの追加をさせるものであったりします。

便利であり、オーナーで居続ける限りずっと付き合い続ける会社です。
ですから、落ち着いてなるべく余裕をもって選ぶことが大切でしょう。

経営に至るまでは様々な困難が待ち構えていますが、今後の為にもよりよい選択をしていきましょう。


この記事をシェアする