経営代行サービスについてのサイト

>

自分一人と代行の違い

個人で全てを行う場合

もしもし自分一人でマンションやアパートの経営も行うとしたら、どのような流れになるのでしょうか。

まず初めに不動産の売買契約を行います。
そしてどんな入居者に来てほしいのかという条件を設定します。
そして賃料であったり敷金や礼金についても決めます。

実際に建設が終わったなどで経営が始まった際には空部屋の情報を様々な場所で紹介していかなくてはいけません。
そして入居者が見つかったとしても、そのあとにもやることは山積みです。

建物の清掃であったり、家賃の徴収も行っていかなくてはいけません。
空室情報についても発信していかなくては商売として成り立ちませんし、クレームにも早期対応しなくては退去の要因になりかねません。

不動産経営代行を利用する場合

こちらもまずは、不動産の売買契約を行います。

そして条件を設定していきますが、その際にサービスが始まります。
その周辺の賃料や空室情報などを調べ、相場の調査を行います。
そして募集要項の提案が行われます。

そして管理委託契約を結び、諸々の手続きを済ませます。
そうすれば後は代行会社がほとんどのことを行ってくれます。

建物の所有者であるオーナーに届くのは、月々の管理報告となります。
そして代行会社から賃料の送金も行われます。

また、リノベーションなどの提案も代行会社から提案が来ます。

オーナーはそれらを待ちながら、本業や別の仕事を進めていれば大丈夫なのです。

個人で全てを行うよりも随分と楽ということがこれだけでも十分わかっていただけたかと思います。
やはり個人では限界がありますから、代行会社の存在は大きなものとなってくるでしょう。


この記事をシェアする